ウィルスチェック利用規定

第1条 本規程の目的
1. 本規程は、株式会社長崎ケーブルメディア(以下「当社」といいます。)が提供するウィルスチェックサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用について定めます。
2. ウィルスチェックサービスの適用は、当社ケーブルインターネット契約者(以下「契約者」といいます。)(cncm.ne.jpのドメインを持つ物に限ります。)のみとし、本規程を誠実に遵守するものとします。


第2条 本規程の範囲
1. 本規程は契約者と当社との間の本サービスに関する一切の関係に適用します。
2. 当社が本サービスの円滑な運用を図るため必要に応じて契約者に通知(電子メールによる連絡や、当社ホームページでの掲載を含みます。以下同じとします。)する本サービスの利用に関する諸規程は、本規程の一部を構成するものとします。


第3条 本規程の変更
1. 当社は本規程を契約者の承諾を得ることなく必要に応じて変更することがあります。
2. 本規程の変更は、契約者に通知された時に効力を生じるものとします。

目次へ戻る

第4条 定義
  本規程において、次の用語は以下のことを意味します。
1. ウィルスチェックサービス
当社が別に定めるコンピュータウィルス対策ソフトにより、電子メールの送信、及び受信時に添付ファイルに含まれるコンピュータウィルスを検知、駆除するサービスをいいます。
2. コンピュータウィルス(又は単に「ウィルス」)
第三者のプログラムやデータベースに対して意図的に何らかの被害を及ぼすように作られたプログラム


第5条 本サービスの提供範囲
1. 当社は、当社メールサーバにおいて行われる契約メールアドレスでの電子メールの送信、及び受信時に添付ファイ ルに含まれるコンピュータウィルスについて、当社が別に定めるコンピュータウィルス対策ソフト(以下、「本ソフト」といいます。)を用いてウィルスの検知 及び駆除を行います。
2. 本サービスは、契約者の特定の目的に適合すること、契約者の期待通りの機能を有すること、その作動が中断され ないこと、その作動に誤りがないこと、電子メール又は契約者が設置する端末設備及びその中にインストールされているソフトウエア、データ等に悪影響を及ぼ さないこと、その他ウィルスチェックとして完全な機能を果すことを保証するものではありません。


第6条 利用料金
 1メールアカウント毎に無料で提供します。

目次へ戻る

第7条 著作権等
1. 本サービスにおいて当社が契約者に提供する一切の物品に関する著作権及び著作者人権、特許権、商標権、並びにノウハウ等の一切の知的所有権は、当社又は当社が別に定める者に帰属するものとします。


2. 契約者は、前項の提供物を以下のとおり取り扱うものとします。
(1) 本サービスの利用目的以外に使用しないこと
(2) 複製・改変・編集等を行わず、また、リバースエンジニアリング、逆コンパイル又は逆アセンブルを行わないこと
(3) 営利目的の有無を問わず、第三者に貸与・譲渡・担保設定等しないこと
(4) 当社又は当社の定める者が表示した著作権表示等を削除又は変更しないこと


第8条 利用中断
1. 当社は、以下の場合本サービスの提供を何らかの予告なく停止することができます。
(1) 本サービスまたは本ソフトウエアの保守上または工事上やむを得ない場合
(2) 火災、停電などの不可抗力または第三者による妨害などにより、本サービスの提供が困難になった場合
(3) 天災またはこれに類する事由により本サービスの提供が困難になった場合
(4) 当社が本サービスに関わるシステムを停止する必要があると判断した場合


第9条 責任の制限
 当社は本サービスの利用により生じる結果又は本規程に従って行った行為の結果について、本サービスの提供に必要な設備・ソフトウエアの不具合・故障、第三者による不正侵入、商取引上の紛争、その他の原因を問わず、いかなる責任も負担しません。

目次へ戻る

第10条 準拠
 本規程に定めのない事項については、当社インターネットサービス契約約款、その他当社の定める諸規定によるものとします。


付則
 この規程は、平成16年9月1日から実施します。

目次へ戻る

閉じる